現代広告の心理技術101
広告からよりよい成果を出したい?

広告のエキスパート、ドルー・エリック・ホイットマンはこう言う。

「あなたのライバルが聞いたこともないような、パワフルで効果的で儲かる広告の生み出し方について私がお教えしよう。保証する!」

親愛なる友人のみなさんへ

あなたは、のこぎりで女性を半分にきっているマジシャンを見たことがあるだろうか? 70センチの刀を飲みこんでしまう人を見たことは? 真っ赤な石炭を敷き詰めた上を裸足で歩くヒンドウーの聖者は? そのトリックには驚くばかりだ。唖然としてしまう。とてもできそうにないと思えてしまう。だが実は、その裏にある秘密を知れば、たぶんあなたにも同じことはできる。

効果的な広告づくりもそれとなんら変わらない!

こんな出だしで始まる「現代広告の心理技術101」は一体どんな書籍何でしょうか?

今回はアフィリエイト業をメインに活動している赤星がアフィリエイター目線で「現代広告の心理技術101」を切ります!

「現代広告の心理技術101」は多くの人が推奨していたり、さまざまな媒体で紹介されていたりするので「とりあえず気になる」って人が多いんじゃないかなと。

なので、アフィリエイターとしては、

”ガッツリと「現代広告の心理技術101」の良い部分を紹介したい”

って気持ちあるんですが、今回はこの「現代広告の心理技術101」について、

「ネット上の評判にあるように本当に良い本なのか?」

って思っている人が多いと思いますので、フラットな目線でご紹介できればなぁと思ってます。

では早速...

そもそも「現代広告の心理技術101」って何なん?

現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101とは、日本のサラリーマンが分かりやすいように一言でいうと、

”セールスを学べる一冊”

です。

まぁ当書籍の副題にも、

  • 「お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは」
  • 「消費者はどういう心理からレスポンスするのか?」

という風にあるように、「商品を売る側の人間」にとって必要なスキルが書かれています。

ただ、セールスを学べる書籍は「現代広告の心理技術101」以外にもたくさんありますよね?

例えば、

営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて

などは有名です。

このジャンルはかなりマニアックですので、他にもたくさん挙げようと思いましたが、止まらなくなりそうなのでやめときます笑

いろいろとセールス本ってあるんですけど、その中でも際立って人気のある現代広告の心理技術101」ですが、これは一体なぜでしょうか?

現代広告の心理技術101」が売れている理由

それは「ネット上で売上を上げるテクニックが満載だから」だと考えられます。

先ほど例に挙げたような書籍やサラリーマンが会社で学ぶセールスというのは、「対面営業」に特化していますよね?

ネット上のセールスと対面営業の大きな違いは、

”実際に顔を合わせているかどうか”

に尽きます。

実際に顔をつき合わせての対面営業は、会社でも昔から行なってきたことがあり「ノウハウ」が溜まっていますし、そのスタイルも会社ごとに違いがあるくらいです。

しかし「ネット上のセールス」に関しては、そもそもインターネットが普及したのがここ数十年くらいですし、それから本格的にEコマース(電子商取引)が盛り上がってきたのは楽天市場やAmazonが台頭してきてからです。

なので「ネット上のセールス」は歴史が浅いためにほぼ全てのサラリーマンにとって分からないことが多いんです。

ネット上で物を売る力が求められている時代

楽天市場やAmazonがEコマースの市場を引っ張ってきたは良いものの、そこに商品を出すには「手数料」が掛かります。

基礎知識になりますが、洋服や飲料、電化製品などの物販ビジネスは利益が出るように

「売り値=原価+費用」

で商品価格を決めています。

これまでのビジネスは「店舗販売」が当たり前だったので上記の計算式でしたが、楽天市場やAmazonのプラットフォームでは「販売手数料」が掛かるんですね。

要するに、

「これまでに掛かっていた費用+販売手数料」

が乗っかってくるようになったということです。

つまり楽天市場やAmazonに商品を出品することで各会社の「売上そのもの」は上がったように”見えるだけ”で、実際のところ利益は伸びていないのが現状なんです。

他社のプラットフォームに依存していては売上は伸びても利益は変わらない

このことに気付き始めた会社や組織が取る行動とは何なのでしょうか?

それは、

”自社でネット販売ができるようになれば良い”

ということです。

要は楽天市場やAmazonなどのプラットフォームに頼ることなく、自分たちでネット販売を完結できるようにしたいと考える企業(人たち)が増えてきているということですね。

これが出来れば、

「売り値=原価+費用」

の計算式を変える必要が無くなります。

要は、

”売上を伸ばしたらその分だけ利益も伸ばせる”

といった状態を作ることができるということです。

しかし対面営業とネット上のセールスは、

”似ているようで似ていない”

ため、なかなか上手くいっている企業が少ないそうです。

そんな状況だからこそ多くの人が求めているのが、

”ネット上で商品を売るためのノウハウ(やスキル)”

なんですね。

そしてそこに特化した内容が体系化されているのが、今回レビューしている「現代広告の心理技術101」だということです。

では、そんな「ネットで物を売るノウハウ」が詰まっている「現代広告の心理技術101」にはどんな内容が書かれているのでしょうか?

その中身をちょろっと暴露も含みながらご紹介したいと思います。

「現代広告の心理技術101」に書かれている「ネット上のセールスノウハウ」の全貌は?

まずこの現代広告の心理技術101」は全体像は以下になります。

現代広告の心理技術101の目次
  • INTRODUCTION:顧客は買いたがっている!
  • 1、人々が本当に求めているもの
  • 2、相手の頭の中に入る方法〜消費者心理の17の基本原則〜
  • 3、買わずにいられなくなる秘密のテクニック〜買わせるための41のテクニック〜
  • 4、ホットリスト〜レスポンスを急増させる101の簡単な方法〜
  • EPILOGE:広告のプロが最後に言いたいこと

ご覧のとおり、セールスに必要な

”商品を購入させるための仕掛けからクロージングまで”

全てを網羅した内容になっています。

網羅されているのでもし読むとしたら、

全体像を把握→必要な部分を随時勉強

という流れで読み込んでいくのが効果的かなと。

ちなみに僕は最初に読むときにはこんな感じ(↓)で「メモ」とか「マーカー」を引きながらやってます。

現代広告の心理技術101

全部で101個の心理テクニックが紹介されていますので、

「そんなに覚えることなんてできない...orz」

って思われるかもしれませんが、それで良いと思います。

この中に書いてあるのは、

”ネット上のセールスノウハウの全て”

なので、きっとあなたのビジネスに関係のあるものもあれば、関係のないものあると思うからです。

全部のノウハウを使おうとするのではなく、あなたのビジネスの目標達成に必要なものをピックアップしながら実践していくっていうことができます。

本書もそういったことがしやすいように、各テクニックが細かく分類して解説されているんです。

現代広告の心理技術101

読み返しやすい&必要な部分をピックアップしやすい

といったメリットがありますので、是非、職場には机の上の本棚に本書籍を置いておくことをオススメします。

ちなみに僕は2016年9月に現代広告の心理技術101を購入しました。

で、購入してすぐに中身を確認して、

「お、これはアフィリにめっちゃ活かせる」

と思い、先ほどのようにメモやマーカーを引きながら、ときにはノートにメモ書きをしながら勉強してきたわけです。

現代広告の心理技術101をアフィリエイトに生かした結果

この現代広告の心理技術101のノウハウが全て役に立った!

というわけではありませんが、僕が現代広告の心理技術101のノウハウがあったお陰で、1ヶ月で4本もの248,000円の商品を販売することができたり、、

2〜3万円の商品を販売することで、アフィリ報酬1万円以上の商品を毎月たくさん売ることができるようになりました。

もちろん僕の独自ノウハウも混ぜていますが、根幹にあるのは現代広告の心理技術101に間違いありません。

アフィリエイターはネット上で商品を売るプロ集団ですから、これを企業のWEBマーケティングに活かすこともできます。

実際、僕はサラリーマン時代のときEC業界でコンサル業を営んでいましたが、現代広告の心理技術101のノウハウやテクニックを大量に活用し、幾人ものクライアントさんに喜んでもらえるような成果を出してきました。

なので、あなたがもし

”インターネットで物を売る力をガチで学びたい!”

と思われているならば、ぜひ現代広告の心理技術101を手にとって欲しいなと思います。

今なら90日間の全額返金保証&720円OFFで購入可能

この大人気書籍は販売元の「ダイレクト出版さま」の方で、特別割引のキャンペーンが行われています。

しかも90日間の全額返金保証付きです。

書籍で全額返金保証付きなんてあまり聞きませんが、それほど自信があるということですね。

(僕は返金保証使ってませんよ?笑)

返金保証が付いているということは、まだ本書の中身を信じることができていなくても、

”とりあえず手に取って自分の「目」で確認できる”

ということです。

これからの時代必要とされる

「ネットで物を売るためのノウハウとスキル」

を今一度あなたの手元においておくっていうのは有意義なことなのではないでしょうか?

ご購入される場合には以下のリンクをクリックしてください。

現代広告の心理術101のご購入はこちらから

(今は通常価格に戻ってしまっているようです)

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

今回の記事について質問・疑問がある場合には下記のフォームよりお問い合わせください。

  • お送り頂いた内容は絶対に表に出すことはありませんのでご安心ください。
  • 個人情報の保護には細心の注意を払っておりますのでご安心ください。
おすすめの記事